診療予約・お問い合わせ

目整形 (目頭)

目頭切開

まぶたの内側にある蒙古襞をご希望の程度で解除し、目頭の形を調整する手術です。

適応

  1. 目を内側方向に大きくしたい方
  2. 両目が離れているのを改善したい方
  3. 大人っぽい印象にしたい方
  4. 平行型の二重にしたい方

当院の特徴

  1. ご希望の形態を正確に把握し、時間をかけてデザインします。
  2. 痛みや内出血を最小限にする局所麻酔を実施。34G極細針(細さ0.2mm)の使用や、注入スピード・刺入点などに配慮します。
  3. 痛み、不安をなくす静脈麻酔を行います。
  4. 丁寧で繊細な切開、剥離操作と止血を行います。
  5. ご希望に応じて、形、向きを細かく調整します。
  6. 丁寧な形成外科的縫合。7-0 極細吸収糸・8-0極細ナイロンを使用。治癒が早く、傷あとが最小限になります。
  7. 術後4日目から抜糸が可能です。
  8. 術後1年以内の修正手術は無料対応。※客観的に手術で改善が見込まれるものに限り、適した時期に修正が可能です。

procedure steps 手術内容

Z形成術を主に行っています。
の形態に満足できない場合、術前のイメージに戻しやすいという点です。
1mm以下の単位で細かくデザインし、細部用のメスで切開をします。皮弁を入れ替え、微調整しながら丁寧縫合します。小さな傷ですが、7-0吸収糸、8-0ナイロンという極細の糸で形成外科的縫合をしっかり行います。
Z形成は皮膚の切除を行わないため、万が一の時に術後元に戻すことができる、微調整が行いやすい、傷跡が目立ちにくい、後戻りしにくいといった特徴があります。

まぶたの裏側(結膜側)を切開
まぶたの裏側(結膜側)を切開

料金

目頭切開術 ¥275,000
※価格はすべて税込です。

術後経過

  • 処方
    抗生剤・鎮痛剤・胃薬を3日分処方します。
  • 術後来院日
    ・抜糸(4~7日目)
    ・定期健診(術後1、3、6ヵ月)
  • 日常生活の注意
    ・洗顔は、翌日から可能ですが、繊細な糸で縫合しているため、患部をこすらないようにしてください。
    ・当日より洗髪、全身のシャワーが可能です。
    ・お化粧は、抜糸翌日から患部にも可能です。
    ・コンタクトレンズは、翌日から装着可能です。
    ・就寝時はクッションなどで上半身を高くしてください。
    ・入浴、運動、飲酒、喫煙は、1週間はお控えください。

リスク、副作用

  • 起こり得る可能性がある事象を挙げていますが、これらが起こらないようしっかりと対策し、細心の注意を払って手術を行っています。万が一生じた場合は、症状を改善できるよう全力で診療します。
  • 術後の腫れ
    通常、術後数日をピークに腫れが引きはじめますが、むくみは1~2週間気になる場合があります。完成まで約6ヵ月です。
  • 術後の内出血
    ごくまれに見られますが、1~2週間で消失します。
  • 傷あと
    傷あとの経過は個人差があります。術後1~2ヵ月は赤み、硬さ、凹凸を生じる場合がありますが、経過とともに徐々に目立たなくなります。完成までは6か月を要します。
  • 左右差、襞の形の問題
    左右差や、もっと切りたい、戻したいなどの蒙古襞の形に関して気になることがあれば、適切な時期に修正を検討することが可能です。ご状態により完全に左右対称にすることは困難な場合があります
  • 埋没した吸収糸の露出
    露出した糸を抜糸します。

Q&A

目頭切開はどの程度調整が可能ですか?
目頭切開は、基本的には襞の解除程度(襞の大きさ)を調節する手術になりますが、できるだけご希望に沿うように、向きやとがり具合などにも配慮して行っています。
傷は目立ちますか?
手術後2週間くらいから傷あとの反応により赤みが出現し、1~2ヵ月赤みや硬さが生じる場合がありますが、お化粧でカバーできる程度であることが多いです。3~6ヵ月かけて徐々に改善していきます。
平行型の二重にしたいのですが、目の間はあまり近くしたくないです。目頭切開は適応でしょうか?
平行型の二重にするためには二重幅の調節だけでは難しく、目頭切開が必要な場合があります。どの程度の平行型を目指すかにもよりますが、できるだけ目の間は近づけずに可能な範囲で蒙古襞を解除するデザインも可能です。

蒙古襞形成(目頭切開修正)

目頭切開後の修正手術です。術前の状態に戻す、傷跡を目立たなくするなどさらに形態を希望に合わせるための手術です。目頭切開によって蒙古襞を切りすぎてしまい、ピンクの粘膜(涙丘)を隠したいという方や、目と目の間の距離が近くなりすぎたと感じる方に対して行う蒙古襞形成が代表的です。

適応

  1. 目頭切開をする前の形にできるだけ戻したい方
  2. 目頭切開による傷あとを目立たなくしたい方
  3. 両目の距離が近くなりすぎたので改善したい方
  4. 襞の形を修正したい方

当院の特徴

  1. ご希望の形態を正確に把握し、時間をかけてデザインします。
  2. 逆Z法、VY法、YV法、筋皮弁法などのいくつかの方法からご状態に合わせて選択します。
  3. 痛みや内出血を最小限にする局所麻酔を実施。34G極細針(細さ0.2mm)の使用や、注入スピード・刺入点などに配慮します。
  4. 痛み、不安をなくす静脈麻酔を行います。
  5. 丁寧で繊細な切開、剥離操作と止血を行います。
  6. 丁寧な形成外科的縫合。7-0 極細吸収糸・8-0極細ナイロンを使用。治癒が早く、傷あとが最小限になります。
  7. 術後1年以内の修正手術は無料対応。

procedure steps 手術内容

  • 蒙古襞形成術(逆Z法)

    目頭切開で行ったZ形成術の瘢痕を利用して切開を入れ、逆方向に皮弁を入れ替えることで元の状態に戻す方法です。
    小さな傷ですが、7-0吸収糸、8-0ナイロンという極細の糸で形成外科的縫合をしっかり行います。

    蒙古襞形成術(逆Z法)
    蒙古襞形成術(逆Z法)
  • 瘢痕切除+筋皮弁法

    傷あとを切除し、丁寧に縫合を行います。

  • Y-V法、V-Y法

    細かな形態の修正で行います。

料金

蒙古襞形成 (目頭切開修正) ¥440,000
※価格はすべて税込です。

術後経過

  • 処方
    抗生剤・鎮痛剤・胃薬を3日分処方します。
  • 術後来院日
    ・抜糸(4~7日目)
    ・定期健診(術後1、3、6ヵ月)
  • 日常生活の注意
    ・洗顔は、翌日から可能ですが、繊細な糸で縫合しているため、患部をこすらないようにしてください。
    ・当日より洗髪、全身のシャワーが可能です。
    ・お化粧は、抜糸翌日から患部にも可能です。
    ・コンタクトレンズは、翌日から装着可能です。
    ・就寝時はクッションなどで上半身を高くしてください。
    ・入浴、運動、飲酒、喫煙は、1週間はお控えください。

リスク、副作用

  • 起こり得る可能性がある事象を挙げていますが、これらが起こらないようしっかりと対策し、細心の注意を払って手術を行っています。万が一生じた場合は、症状を改善できるよう全力で診療します。
  • 術後の腫れ
    ご状態、ご希望によって個人差が大きいです。通常、術後数日をピークに大きな腫れが引きはじめますが、むくみは1~2週間気になる場合があります。完成まで約6ヵ月です。
  • 術後の内出血
    ごくまれに見られますが、1~2週間で消失します。
  • 傷あと
    傷あとの経過は個人差があります。術後1~2ヵ月は赤み、硬さ、凹凸を生じる場合がありますが、経過とともに徐々に目立たなくなります。完成までは6か月を要します。
  • 埋没した吸収糸の露出
    露出した糸を抜糸します。
  • 左右差、襞の形の問題
    左右差や、もっと切りたい、戻したいなどの蒙古襞の形に関して気になることがあれば、適切な時期に修正を検討することが可能です。ご状態により完全に左右対称にすることは困難な場合があります。

Q&A

術後は痛みがありますか?
術後の痛みはほとんどありません。念のため、軽い鎮痛消炎剤を服用していただきます。
傷は目立ちますか?
修正手術になりますので、術前のご状態によっては目立つ時期があります。
通常、手術後2週間くらいから傷あとの反応により赤みが出現し、1~2ヵ月赤みや硬さが生じる場合がありますが、お化粧でカバーできる程度であることが多いです。3~6ヵ月かけて徐々に改善していきます。
他院で目頭切開を受けたのですが、もう少し切りたいです。いつから修正が可能ですか?
行われた方法や傷あとの向きなどご状態により適切な時期は変わってきます。一般的には傷跡が落ち着く術後3か月で検討していただく場合が多いですが、術後すぐに修正が可能な場合もあります。一度診察にいらしてください。