目整形 (上まぶた)

埋没法

まぶたに糸を埋め込み固定することで、理想とする二重を作成する方法です。
切開をせずに短時間で手術が終わり、負担が少ない方法です。

procedure steps 手術内容

当院の埋没法は固定する点の数により2点、4点、6点固定があります。

  • 2点固定のシェーマ

    1本の糸で結び目を2点作成します。主に、部分的な補強として使用していることが多い方法です。

    2点固定のシェーマ
    2点固定のシェーマ
  • 4点固定のシェーマ

    2本の糸で結び目を2点ずつ、計4点作成します。2点固定を重ねて固定する方法で、内側から外側までのラインをしっかり作ることができます。

    4点固定のシェーマ
    4点固定のシェーマ
  • 6点固定のシェーマ

    2本の糸で結び目を4点、2点の計6点作成します。固定力が強く、もちの良い埋没法をご希望の方に適しています。
    上眼瞼脱脂を併用することで、さらに固定力を強くすることができます。

    6点固定のシェーマ
    6点固定のシェーマ
    6点固定のシェーマ
    6点固定のシェーマ

料金

二重埋没法 2点 ¥110,000
4点 ¥154,000
6点 ¥198,000
※価格はすべて税込です。

6点固定の場合、術後2年以内の修正手術は無料で対応します。
保証期間後に再度6点固定を行う場合は50%OFFで可能です。
また、埋没(6点固定のみ)の手術後、切開法(全切開、眼瞼下垂手術)を行う場合は、20%OFFで可能です。

術後経過

  • 日常生活の注意
    ・洗顔は、翌日から可能ですが、埋没糸が安定するように患部をこすらないようにしてください。
    ・当日より洗髪、全身のシャワーが可能です。
    ・お化粧は、4日目から患部にも可能です。
    ・コンタクトレンズも、4日目から装着可能です。
    ・就寝時はクッションなどで上半身を高くしてください。
    ・入浴、運動、飲酒、喫煙は、1週間はお控えください。

リスク、副作用

  • 起こり得る可能性がある事象を挙げていますが、これらが起こらないようしっかりと対策し、細心の注意を払って手術を行っています。万が一生じた場合は、症状を改善できるよう全力で診療します。
  • 術後の腫れ
    ご状態、ご希望の二重幅によって個人差が大きいです。通常、術後数日をピークに大きな腫れが引きはじめますが、むくみは1~2週間気になる場合があります。完成まで約6ヵ月です。
  • 術後の内出血
    ごくまれに見られますが、1~2週間で消失します。
  • まつ毛側の皮膚の知覚異常
    切開を行ったまつ毛側の皮膚の知覚が鈍くなることがありますが、時間の経過とともに改善されます。
  • 傷あと
    術後1~2ヵ月は赤みを生じる場合がありますが、徐々に目立たなくなります。完成は6か月後です。
  • 二重の幅が広い、狭い、左右差
    浮腫みの影響が強い術後早期は気になりやすい時期です。適切な時期にご状態を正確に評価し、必要であれば修正術により最大限調整します。必要であれば埋没糸の抜糸や、希望のラインへかけ直す修正を検討します。
  • 二重の消失
    再度二重形成を検討します。
  • まぶた、まつ毛の外反、ラインのくい込み
    しっかりした二重を作成する必要がある場合、まつ毛が起きやすくなり、眼瞼縁の粘膜が見えて気になることがあります。通常時間経過とともに回復します。
  • 埋没した吸収糸の露出
    露出した糸を抜糸します。

Q&A

6点固定は腫れも大きいでしょうか?
4点固定と同様です。6点固定だから腫れが強くなるということはありません。
切開法と迷っています。どちらがいいでしょうか?
埋没法と切開法でどちらも利点欠点があり、一人一人の状態や考え方により適した方法は変わってきます。カウンセリングでご状態を拝見したうえで、適した方法をご提案いたします。
すでに何回も埋没法を受けていますが、二重が緩くなりまた埋没を検討しています。埋没法は可能でしょうか?
はっきりと何回までといった基準はありませんが、埋没法としては限界の可能性があります。脱脂を併用したうえで固定力の強い6点固定を再度行うか、もしくは切開の検討をおすすめする場合があります。

埋没糸抜糸

埋没法で形成した二重を元に戻すための方法です。ごく小さな切開から埋め込んだ糸を丁寧に探し、取り除きます。

埋没法から時間が経過していると、糸の同定が難しく抜糸が困難な場合があります。また、すべての糸を抜糸できても、ラインが消えず元に戻らない場合もあります。

料金

埋没糸抜糸 当院の糸 無料
他院の糸(1点毎) ¥55,000
※価格はすべて税込です。

リスク、副作用

  • 起こり得る可能性がある事象を挙げていますが、これらが起こらないようしっかりと対策し、細心の注意を払って手術を行っています。万が一生じた場合は、症状を改善できるよう全力で診療します。
  • 術後の腫れ
    ご状態によって個人差が大きいです。通常、術後数日をピークに大きな腫れが引きはじめますが、むくみは1~2週間気になる場合があります。
  • 術後の内出血
    ごくまれに見られますが、1~2週間で消失します。
  • 傷あと
    術後1~2ヵ月は赤みを生じる場合がありますが、徐々に目立たなくなります。
  • 埋没糸の抜糸困難
    抜糸自体が困難な場合があります。
  • 二重が戻らない
    抜糸しても、埋没で形成した二重が消えないことがあります。

術後経過

  • 日常生活の注意
    ・洗顔は、翌日から可能ですが、患部をこすらないようにしてください。
    ・当日より洗髪、全身のシャワーが可能です。
    ・お化粧は、4日目から患部にも可能です。
    ・コンタクトレンズは、翌日から装着可能です。
    ・就寝時はクッションなどで上半身を高くしてください。
    ・入浴、運動、飲酒、喫煙は、1週間はお控えください。

二重全切開

皮膚に切開を加えて、内部組織、皮膚を糸で縫合することで二重を作成する方法です。固定力が強いため、埋没法では難しい方でも二重を作成することが可能です。半永久的に二重が維持できます。
脂肪や皮膚のたるみも調節できるので、まぶたの厚ぼったさを解消でき、ぱっちりした二重を作成できます。

適用

  1. 埋没法では理想の二重が作れない方
  2. 半永久的に二重を維持したい方
  3. まぶたの厚ぼったさ、たるみも改善したい方

当院の特徴

  1. 十分な時間をかけ納得するまでデザインを行います。
  2. 痛みを最小限にする局所麻酔を実施。34G極細針(細さ0.2mm)の使用や、注入スピード・刺入点などに配慮します。
  3. 痛み、不安をなくす静脈麻酔を実施します。
  4. 適切な皮膚切除によりたるみを調節します。
  5. 丁寧で繊細な切開、剥離操作と止血を行います。
  6. 眼窩脂肪の調整(脱脂・脂肪の移動など)を行います。
  7. ラインの食い込み具合の調節を行います。眼瞼挙筋腱膜、瞼板、眼輪筋など状態や部位により適した組織に固定します。
  8. 丁寧な形成外科的縫合。7-0 極細吸収糸・8-0極細ナイロンを使用。治癒が早く、傷あとが最小限になります。
  9. 術後4日目から抜糸可能です。
  10. 術後1年以内の修正手術は無料対応いたします。
    ※客観的に手術で改善が見込まれるものに限り、適した時期に修正が可能です。

procedure steps 手術内容

  • 手術前に理想の二重のラインをデザインします。ご希望をお聞きし、専用の細い棒状の器具を使って、ご状態に合わせて二重のラインを再現します。ご状態を考慮したうえで、理想をかなえるデザインを一緒に決定します。

    二重のラインをデザイン
    二重のラインをデザイン
  • 静脈麻酔(局所麻酔)下に手術を行います。ご希望のラインに沿って正確に切開します。たるみが多い場合には、余分な皮膚を適量切除する場合もあります。

    静脈麻酔(局所麻酔)下に手術
  • 続いて、ご状態に合わせて眼窩脂肪の調整(脱脂・脂肪の移動など)を行います。まぶたをすっきりさせる目的で隔膜前脂肪(ROOF)の切除も追加することが可能です。

    眼窩脂肪の調整
  • 眼瞼挙筋腱膜、瞼板、眼輪筋など、状態や部位により適した組織に固定することで二重ラインを作成します。

    二重ラインを作成
  • 切開範囲の皮膚と深部の組織を、極細吸収糸、ナイロン糸で細かく丁寧に形成外科的縫合します。

    形成外科的縫合
    形成外科的縫合

料金

全切開(必要時皮膚切除含む、眼窩脂肪の調整含む) ¥440,000
※価格はすべて税込です。

術後経過

  • 処方
    抗生剤・鎮痛剤・胃薬を3日分処方します。
  • 術後来院日
    ・抜糸(4~7日目)
    ・定期健診(術後1,3,6か月)
  • 日常生活の注意
    ・洗顔は、翌日から可能ですが、繊細な糸で縫合しているため、患部をこすらないようにしてください。
    ・当日より洗髪、全身のシャワーが可能です。
    ・お化粧は、抜糸翌日から患部にも可能です。
    ・コンタクトレンズは、翌日から装着可能です。
    ・就寝時はクッションなどで上半身を高くしてください。
    ・入浴、運動、飲酒、喫煙は、1週間はお控えください。

リスク、副作用

  • 起こり得る可能性がある事象を挙げていますが、これらが起こらないようしっかりと対策し、細心の注意を払って手術を行っています。万が一生じた場合は、症状を改善できるよう全力で診療します。
  • 術後の腫れ
    ご状態、ご希望の二重幅によって個人差が大きいです。通常、術後数日をピークに大きな腫れが引きはじめますが、むくみは1~2週間気になる場合があります。完成まで約6ヵ月です。
  • 術後の内出血
    ごくまれに見られますが、1~2週間で消失します。
  • まつ毛側の皮膚の知覚異常
    切開を行ったまつ毛側の皮膚の知覚が鈍くなることがありますが、時間の経過とともに改善されます。
  • 傷あと
    術後1~2ヵ月は赤みを生じる場合がありますが、徐々に目立たなくなります。完成は6か月後です。
  • 二重の幅が広い、狭い、左右差
    浮腫みの影響が強い術後早期は気になりやすい時期です。適切な時期にご状態を正確に評価し、必要であれば修正術により最大限調整します。
  • 二重の消失
    ごくまれなことですが、万一の場合は修正術により再度二重を作成します。
  • まぶた、まつ毛の外反、ラインのくい込み
    しっかりした二重を作成する必要がある場合、まつ毛が起きやすくなり、眼瞼縁の粘膜が見えて気になることがあります。通常時間経過とともに回復します。
  • 埋没した吸収糸の露出
    露出した糸を抜糸します。

Q&A

ダウンタイムはどのくらいですか?
まぶたの状態と希望される二重幅により個人差ありますが、一般的な目安としては10日程度です。メイクできれば目立たないかと思われます。
手術の痛みが心配です
時間をかけて丁寧に行っていますので、静脈麻酔での手術をおすすめしています。痛みや不安のない完全に無痛の方法ですのでご検討ください。
術後の痛みはありますか?
消炎鎮痛剤をお出ししますが、内服しなくても過ごせる方が多いです。
洗顔、メイクはいつから可能ですか?
洗顔は翌日から、メイクはまぶた以外であれば当日から可能です。まぶたは抜糸後に可能となります。

眼瞼下垂手術

眼瞼挙筋というまぶたを開ける筋肉を調節し効きを良くすることで、目の開きをよくする手術方法です。
皮膚に切開を加えて、内部の眼瞼挙筋の腱膜を前転(効きを良くする)することで、ご希望の目の開き具合になるように調節します。「全切開」が二重を形成する方法であるのに対して、「眼瞼下垂手術」は二重の形成に加えて、目の開き具合も調節する手術となります。全切開と同様、脂肪や皮膚のたるみも調節できます。

適用

  1. 目の開きを良くし、目を大きくしたい方
  2. 印象的な、華やかな目元にしたい方
  3. 目が眠そうに見える方
  4. 目の大きさの左右差を減らしたい方

当院の特徴

  1. 十分な時間をかけ納得するまでデザインを行います。
  2. 痛みを最小限にする局所麻酔を実施。34G極細針(細さ0.2mm)の使用や、注入スピード・刺入点などに配慮します。
  3. 痛み、不安をなくす静脈麻酔を実施します。
  4. 適切な皮膚切除によるたるみの調節します。
  5. 丁寧で繊細な切開、剥離操作と止血を行います。
  6. 眼窩脂肪の調整(脱脂・脂肪の移動など)を行います。
  7. 手術中の確認。一緒に鏡を見ながらまぶたの開き具合、左右差を調整します。
  8. ラインの食い込み具合の調節。眼瞼挙筋腱膜、瞼板、眼輪筋など状態や部位により適した組織に固定します。
  9. 丁寧な形成外科的縫合。7-0 極細吸収糸・8-0極細ナイロンを使用。治癒が早く、傷あとが最小限になります。
  10. 術後4日目から抜糸可能。
  11. 術後1年以内の修正手術は無料対応。
    ※客観的に手術で改善が見込まれるものに限り、適した時期に修正が可能です。

procedure steps 手術内容

  • 手術前に理想の二重のラインをデザインします。
    患者さまのご希望をお聞きし、専用の細い棒状の器具を使って、
    ご状態に合わせて二重のラインを再現します。
    ご状態を考慮したうえで、理想をかなえるデザインを一緒に決定します。

    二重のラインをデザイン
  • 局所麻酔と静脈麻酔を併用して手術を行います。
    ご希望のラインに沿って正確に切開します。
    たるみが多い場合には、余分な皮膚を適量切除する場合もあります。

    局所麻酔と静脈麻酔を併用して手術を行います。
  • 眼瞼挙筋腱膜を前転し、目の開きを大きくします。
    術中座位になっていただき、鏡で確認していただきながら微調整をおこないます。
    開きの程度、左右差の調整を丁寧に行います。

    眼瞼挙筋腱膜を前転し、目の開きを大きくします。
    ご状態に合わせて眼窩脂肪の調整(脱脂・脂肪の移動など)を行います
  • ご状態に合わせて眼窩脂肪の調整(脱脂・脂肪の移動など)を行います。
    隔膜前脂肪(ROOF)の切除も追加することも可能です。

  • 眼瞼挙筋腱膜、瞼板、眼輪筋など、状態や部位により適した組織に固定することで二重ラインを作成します。切開範囲の皮膚と深部の組織を、極細吸収糸、ナイロン糸で細かく丁寧に形成外科的縫合します。

    ご状態に合わせて眼窩脂肪の調整(脱脂・脂肪の移動など)を行います
    after

料金

眼瞼下垂手術
(全切開含む)
腱膜固定前転 ¥660,000
筋膜移植術 ¥880,000
眼瞼下垂手術
(二重修正含む)
¥770,000~880,000
他院眼瞼下垂手術修正術
(二重修正含む)
¥880,000~1,100,000
(必要時皮膚切除含む、眼窩脂肪の調整含む、つり上げ固定などの追加処置費用含む)
※価格はすべて税込です。

術後経過

  • 処方
    抗生剤・鎮痛剤・胃薬を3日分処方します。 点眼薬と眼軟膏を処方します。
  • 術後来院日
    ・抜糸(4~7日目)
    ・定期健診(術後1,3,6か月)
  • 日常生活の注意
    ・洗顔は、翌日から可能ですが、繊細な糸で縫合しているため、患部をこすらないようにしてください。
    ・当日より洗髪、全身のシャワーが可能です。
    ・お化粧は、抜糸翌日から患部にも可能です。
    ・コンタクトレンズは、翌日から装着可能です。
    ・就寝時はクッションなどで上半身を高くしてください。
    ・入浴、運動、飲酒、喫煙は、1週間はお控えください。

リスク、副作用

  • 起こり得る可能性がある事象を挙げていますが、これらが起こらないようしっかりと対策し、細心の 注意を払って手術を行っています。万が一生じた場合は、症状を改善できるよう全力で診療します。
  • 術後の腫れ
    ご状態、ご希望の二重幅によって個人差が大きいです。通常、術後数日をピークに大きな腫れが引き はじめますが、むくみは1~2週間気になる場合があります。完成まで約6ヵ月です。
  • 術後の内出血
    ごくまれに見られますが、1~2週間で消失します。
  • まつ毛側の皮膚の知覚異常
    切開を行ったまつ毛側の皮膚の知覚が鈍くなることがありますが、時間の経過とともに改善されます。
  • 傷あと
    術後1~2ヵ月は赤みを生じる場合がありますが、徐々に目立たなくなります。
  • 目の開きが不足している、開きすぎている、左右差がある
    適切な時期に判断して、修正手術で対応します。
  • 閉瞼不全
    まぶたが閉じにくくなることがあります。
  • ドライアイ
    目が乾きやすくなることがあります。
  • へリング現象
    片側のみまぶたの開きを大きくすると、反対側の開きが悪くなることがあります。これは脳の制御に よって起こる反応です。
  • 二重の幅が広い、狭い、左右差
    浮腫みの影響が強い術後早期は気になりやすい時期です。適切な時期にご状態を正確に評価し、必要 であれば修正術により最大限調整します。
  • 二重の消失
    ごくまれなことですが、万一の場合は修正術により再度二重を作成します。
  • まぶた、まつ毛の外反、ラインのくい込み
    しっかりした二重を作成する必要がある場合、まつ毛が起きやすくなり、眼瞼縁の粘膜が見えて気に なることがあります。通常時間経過とともに回復します。
  • 顔の印象の変化
    まぶたが開きやすくなると、眉毛が下がり、額のしわが改善されます。眉毛が下がり、目がぱっちり 開くことで、二重の幅が狭くなり、ややきつい印象に感じられることがあります。
  • 埋没した吸収糸の露出
    露出した糸を抜糸します。

Q&A

二重も同時に作れますか?
当院の眼瞼下垂手術の内容は、全切開の内容にまぶたの開きを調節する操作(挙筋腱膜前転)が 加わったものです。眼瞼下垂手術のみを受けていただければ大丈夫です。
どのくらい目を大きくできますか?
もともとの挙筋機能やまぶたの状態により個人差があります。この調節に無理をすると機能的な 問題を生じる可能性があります。手術中の調節で、限界やおすすめの開き具合をご一緒に決めていきましょう。
片方のみの手術もできますか?
手術により片側のまぶたの開きが良くなると、手術をしていない方の開きが悪くなるというへリングの法則が生じます。そのため、通常は両側の手術が必要となります。

ROOF切除術

ROOFとは「retro-orbicularis oculi fat」の略称で、隔膜前脂肪ともいわれ、上まぶたの眼輪筋と眼窩隔膜の間に広がっている脂肪組織のことをいいます。ROOFが厚い場合、いわゆる「腫れぼったい」「重たい」まぶたの原因となります。ROOF切除術は、このROOFの厚みを減らして、すっきりとしたまぶたにする治療方法です。

procedure steps 手術内容

通常単独ではなく、二重全切開や眼瞼下垂手術、上眼瞼リフト(眉毛下切開)といった手術と同時に行います。

  • 全切開、眼瞼下垂と同時に行う場合

    二重のラインからROOFを切除します。眼窩脂肪も同時に摘出できます(上眼瞼脱脂術)。

  • 上眼瞼リフト(眉毛下切開)と同時に行う場合

    眉毛の下縁に沿って皮膚を切開し、ROOF(隔膜前脂肪)を切除します。

料金

ROOF切除術(隔膜前脂肪切除術)単独手術なし ROOF切除術のみ ¥330,000
全切開あるいは上眼瞼リフト他切開手術と併用 +¥110,000
※価格はすべて税込です。

リスク、副作用

  • 起こり得る可能性がある事象を挙げていますが、これらが起こらないようしっかりと対策し、細心の注意を払って手術を行っています。万が一生じた場合は、症状を改善できるよう全力で診療します。
  • 術後の腫れ
    ご状態、ご希望の二重幅によって個人差が大きいです。通常、術後数日をピークに大きな腫れが引きはじめますが、むくみは1~2週間気になる場合があります。完成まで約6ヵ月です。
  • 術後の内出血
    ごくまれに見られますが、1~2週間で消失します。
  • まつ毛側の皮膚の知覚異常
    切開を行ったまつ毛側の皮膚の知覚が鈍くなることがありますが、時間の経過とともに改善されます。
  • 傷あと
    術後1~2ヵ月は赤みを生じる場合がありますが、徐々に目立たなくなります。完成は6か月後です。
  • 二重の幅が広い、狭い、左右差
    浮腫みの影響が強い術後早期は気になりやすい時期です。適切な時期にご状態を正確に評価し、必要であれば修正術により最大限調整します。
  • 二重の消失
    ごくまれなことですが、万一の場合は修正術により再度二重を作成します。
  • まぶた、まつ毛の外反、ラインのくい込み
    しっかりした二重を作成する必要がある場合、まつ毛が起きやすくなり、眼瞼縁の粘膜が見えて気になることがあります。通常時間経過とともに回復します。
  • 埋没した吸収糸の露出
    露出した糸を抜糸します。
  • 瞼がくぼむ
    万が一生じた場合は、脂肪移植、ヒアルロン酸注入などを検討します。

上眼瞼リフト(眉毛下切開)

眉毛の際に沿って厚みがある皮膚を切除することで、まぶたをすっきりさせる手術です。二重は自然に広くなり、まぶたが開けやすくなります。

適用

  1. まぶたをすっきりさせたい方
  2. 皮膚のかぶさりが気になる方
  3. 二重を自然に広げたい方

当院の特徴

  1. 十分な時間をかけ納得するまでデザインを行います。
  2. 痛みを最小限にする局所麻酔を実施。34G極細針(細さ0.2mm)の使用や、注入スピード・刺入点などに配慮します。
  3. 痛み、不安をなくす静脈麻酔を実施します。
  4. 適切な皮膚切除によりたるみを調節します。
  5. 斜めに切開し、毛根を温存し傷を目立ちにくくします。
  6. 丁寧な剥離操作と止血を行います。
  7. 眼窩脂肪の調整(脱脂・脂肪の移動など)を行います。
  8. 丁寧な形成外科的縫合。治癒が早く、傷あとが最小限になります。
  9. 前額ボトックス注射を併用します。
  10. 術後5日目から抜糸可能です。

procedure steps 手術内容

  • 眉毛の下縁に沿って、上まぶたの皮膚を切除します。切除幅をご状態により調節します。ROOFを同時に切除することも可能です。眉毛の毛根を温存するため、皮膚を斜めに切開する方法(wedge incision)により、傷を目立ちにくくします。さらに、傷あとが最小限になるよう吸収糸、ナイロン糸で丁寧に形成外科的縫合をします。

    眉毛の下縁に沿って、上まぶたの皮膚を切除します。
    眉毛の下縁に沿って、上まぶたの皮膚を切除します。

料金

上眼瞼リフト(眉毛下切開) ¥385,000
※価格はすべて税込です。

術後経過

  • 処方
    抗生剤・鎮痛剤・胃薬を3日分処方します。
  • 術後来院日
    ・抜糸(5~7日目)
    ・定期健診(術後1,3,6ヵ月)
  • 日常生活の注意
    ・洗顔は、翌日から可能ですが、繊細な糸で縫合しているため、患部をこすらないようにしてください。
    ・当日より洗髪、全身のシャワーが可能です。
    ・お化粧は、抜糸翌日から患部にも可能です。
    ・コンタクトレンズは、翌日から装着可能です。
    ・就寝時はクッションなどで上半身を高くしてください。
    ・入浴、運動、飲酒、喫煙は、1週間はお控えください。

リスク、副作用

  • 起こり得る可能性がある事象を挙げていますが、これらが起こらないようしっかりと対策し、細心の注意を払って手術を行っています。万が一生じた場合は、症状を改善できるよう全力で診療します。
  • 術後の腫れ
    ご状態、ご希望の二重幅によって個人差が大きいです。通常、術後数日をピークに大きな腫れが引きはじめますが、むくみは1~2週間気になる場合があります。完成まで約6ヵ月です。
  • 術後の内出血
    まれに見られますが、1~2週間で消失します。
  • 傷あと
    術後1~2ヵ月は赤みを生じる場合がありますが、徐々に目立たなくなります。完成までは6か月を要します。
  • 二重ラインが浅くなる
    術前の二重ラインが浅い方で生じる場合があります。二重を作成する手術を検討します。
  • 眉毛の形の変化
    切除幅によっては、直線状になることがあります。
  • 埋没した吸収糸の露出
    露出した糸を抜糸します。
  • 閉瞼不全
    皮膚を切除しすぎると、まぶたを閉じにくくなることがあります。

Q&A

まぶたが開きにくく感じるようになりました。上眼瞼リフトで改善できますか?
瞼の開きを根本的に改善する手術方法として眼瞼下垂手術があります。
上眼瞼リフトと眼瞼下垂手術のどちらが適しているかは、挙筋機能や皮膚の量などのご状態により変わりますので一度カウンセリンにお越しください。
傷は目立つでしょうか?
個人差の影響が大きいですが、手術後1~2か月間は術後の反応により赤みや硬さを生じることがあります。お化粧でカバーできる程度のことがほとんどです。
腫れぼったい瞼の改善にはどの方法が良いのかわかりません?
腫れぼったさを生じている原因により適した方法は異なります。上眼瞼リフトは主に皮膚の量を調節します。まぶたの脂肪が多い方はROOFや眼窩脂肪の切除も検討していただく場合があります。